ビジネスローンを利用する要件について

個人事業主や中小企業の経営者の方は、毎月安定した売り上げや収入があれば何の問題もありませんが、月や日によって安定しないことが多いです。しかし、毎回銀行が融資してくれることはなかなかないでしょう。そんな時に便利なのがビジネスローンになります。個人を対象としているものが、キャッシングローンやカードローンといったものになりますが、事業主などの事業者用のものをビジネスローンといいます。他にも呼び名がありますが、今回はこちらで統一させていただきます。こちらのビジネスローンは会社によっては、担保、保証人が必要ないローンなども存在します。そういった様々なローンがあるため、資金繰りに悩んでいる方はぜひ検討しるといいでしょう。今回はビジネスローンについて、活用方法などを紹介していきます。

銀行融資とビジネスローンの違い

銀行でもビジネスローンといった商品がありますが、こちらでは銀行以外の消費者金融のこととさせていただきます。このような形で、ビジネスローンは銀行融資とは変わります。銀行の融資を行った方は結構いるかと思いますが、大きく2種類あり、プロパー融資と保証付融資になります。2種類とも打ち合わせをして、稟議書を作成します。その後、支店長などが承認をして融資を受けることができます。しかし、ビジネスローンはカードを発行して、限度額内であれば何度でも借りることができます。ビジネスローンでも、いくつかの書類は必要になりますが、審査はスコアリングシステムが行うので、銀行に比べて審査が早めに借りることが可能です。また、先ほど書いたようにビジネスローンでは、基本的に担保や保証人が必要ないところも魅力的な部分のひとつになります。

ビジネスローンを使う際のメリット・デメリット

ビジネスローンでの最大のメリットは、すぐに資金が手に入ることです。最短であれば即日対応で融資を受けることができます。銀行のようにたくさんの審査や承認、保証人や担保を探す必要もないので、早くに受けられるのです。そして、ビジネスローンは銀行ほどの融資は受けられません。利用限度額が銀行よりも少ないです。その代わり、無担保、保証人なしで受けることができます。また、こちらも銀行とは違い融資した資金の使い道は特に問われることがないのが特徴です。このように様々なメリットがあるビジネスローンですが、デメリットもありますので、しっかりと把握しましょう。一つは銀行に比べて金利が高くなります。信用度審査によって変わる場合もありますが、基本は上限金利ほどつくことが多いです。そのため、長期的に使用するものではなく、短期の資金繰りの時に使用するのが一番いい使い方になります。