ビジネスローンのおすすめの活用法とは

ビジネスにおいては、日々の取引の中で急な支払いが重なり、取引資金の準備が難しくなることがあります。また、思わぬところで一時的に高額な資金を準備しなくてはならない場面に遭遇することもあるでしょう。そういう時はおおむね、さほど時間の余裕もないことが多いのが現実です。そんな時の資金繰りに、ビジネスローンを利用してみるのはいかがでしょうか。ビジネスローンは、中小企業や個人事業主に向けたローンで、使用目的が事業資金であれば融資を受けることができる比較的自由度の高いローンです。取引先への急な支払いだけでなく、次回の入金までのつなぎ資金から給与や税金の支払いまで、幅広く利用することができます。また、通常の融資で必要となる担保や保証人が不要であるということも大きな特徴です。借りやすさという点では大変利便性が高く、うまく利用することでビジネスの幅を広げてくれます。

特徴を知った上で活用したいビジネスローン

先ほど述べたように、ビジネスローンは審査の基準が比較的緩く、融資までの時間も早いというメリットがありますが、それに付随して知っておいた方が良いことがいくつかあります。それは、まず金利が高いということです。ビジネスローンは通常の金融機関の融資と比べて、金利が高めに設定してあるのが一般的です。また、業者や商品によって例外ももちろんありますが、上限額が低いものが多いということも言えます。ある程度の金利を確保し、融資の上限額を抑えることによって、融資できる条件の許容範囲を広げていると考えたら良いでしょう。ですから、ビジネスローンをあまり長期の運転資金としてあてにするのは、不向きだとも言えます。あくまでも急場をしのぐ短期的な資金調達の選択肢のひとつとして、考えた方が良いでしょう。

まだまだある上手く利用したいビジネスローンのサービス

この他にも、ビジネスローンには知っておくとさらに活用の幅が広がるサービスがあります。ビジネスローンには、融資額の契約枠といういわば融資可能な上限額が決められていますが、その枠内であれば必要額の融資をいつでも追加して受けることができます。一方資金に余裕ができれば、繰り上げ返済も可能です。どちらも手数料がかからず、コンビニエンスストアでできるので大変便利です。また業者によっては、1ヶ月程度の無利息返済期間を設けている場合もあるので、うまく利用すれば高い金利を支払う必要がありません。ビジネスローンはさらに借り換えをすることも可能で、条件の良い別のビジネスローンに借り換えることや、必要に応じて一般の金融機関のローンを考えることもできます。ただ、担保が必要となるローンでは、返済ができない場合に担保をとられてしまうリスクもあるので、慎重に考える必要があります。

老舗ならではの豊富な情報量、ノウハウの蓄積です。診療報酬債権を最大4ヶ月分まで評価し融資額を算出です。 ビジネスローンなどの事業融資は東京南青山の湊屋商事です。 昭和39年創業以来、永き50年に亘り業歴を重ね、事業融資全般を主業とする老舗専門業者です。 50年という半世紀に亘って企業経営者様の片隅でつなぎ役としての立場を徹底してきた歴史です。 老舗ならではの豊富な手形情報量、ノウハウの蓄積です。 ビジネスローンを組むならこちらをご覧ください!